心身症はココロの病でもあります|現代人の悩み

心の病 原因と対処法

2人の医者

心へのダメージが原因

心に何らかのダメージを受けて、身体の異常へと発展する病気のことを心身症と言います。心と体のダメージを持ち、心の病が合併症を引き起こす原因となっているため、体の病気が治っても、心の病気が治らなければ症状を繰り返すという厄介な病気です。人は、ストレスにより様々な病気を誘発することがあります。過度のストレスがかかると胃の痛みや腸炎、頭痛など様々な症状を引き起こすことがありますが、これらがすべてにおいて心身症というわけではなく、一過性であることも多いです。交感神経と副交感神経とのバランスが悪くなる、自律神経失調症も心身症と間違えられるケースが多いです。ただ、自律神経失調症から心身症に発展するケースはあります。心身症から派生する病気は軽度のもので、高血圧や頭痛、ほてり、発汗などがあります。中度の症状で、過敏性腸症候群、生理不順、円形脱毛症、不整脈、神経性胃炎などがあります。重度の症状が出る場合、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、狭心症、気管支喘息、手や足の痺れなどへと発展します。心身症になりやすい人は、ストレスを溜めやすいタイプや感情のコントロールが出来ないタイプが多く、過去にいじめられた経験やセクハラ、パワハラなどを受けた経験のある人も多いです。これらの経験を受けたことのある人は、自身の感情表現が出来ず、そのストレスを溜めこむと心と体の疾病として発症してしまうのです。初期で自律神経の異常が出て、その症状が悪化すると心身症へと発展するケースが多いようです。

対処法

ストレスからくる病気は様々で、心身症の場合きわめて重度であると考えられます。また、症状が悪化すると、合併症が発症します。この合併症による辛い症状もストレスとして蓄積されます。それにより、さらに心身症が悪化することがあるのです。人によっては、心身症の症状よりも合併症の症状が辛い場合もあり、心身症であるということを自覚できていないこともあります。なので、この病気を治すためには、そもそもの原因を追究することで必要となります。合併症として現れた病気が中度以上のものであれば、体への負担がさらに新たなストレスとなるため、まずは症状の緩和をするために、専門外来による治療を受けましょう。症状が緩和してから、心療内科でストレス取り除くためカウンセリングや治療を進めましょう。心療内科でのカウンセリングはでは、様々な質問から患者の表情やストレスなどを聞き出し、治療法を見つけてゆきます。体の症状が無くなり、一時的にストレスが取れたとしても、社会生活に復帰すれば、その瞬間からリバウンドとなることもありますので、原因究明を徹底して行い、再発しないようにストレスへの対応力を高めなければいけません。ここで、よく間違えられるのは、ストレスをすべてなくすということですが、人間の脳からストレスをすべて取り去ることは不可能です。ストレスを無くすのではなく、ストレスへの抵抗力を養うのです。ストレスの抵抗力をつけることは、心身を強くし免疫力をも向上させます。そのためにも、カウンセリングをしっかり受けましょう。