心身症はココロの病でもあります|現代人の悩み

ストレスが原因の身体症状

医者と看護師

特定の器官に発症する

近頃よく話題になる心身症ですが、実際にどのような症状が出るのかはあまり知られていないのです。似たような病気に自律神経失調症というものがありますが、似ているようでかなり違います。心身症の特徴は原因が心にあるのに症状は身体に出るという点です。例えばノイローゼや統合失調症や鬱病などは精神的な原因が脳や神経に現れる病気で、身体に症状が出る心身症とは違います。自律神経失調症の場合も身体に色々な症状が出ますが、心身症のように明らかな身体の異常ではないのです。心身症では特定に器官に発症します。例えば十二指腸潰瘍になったとか、頭痛が頻繁に起こるなどです。自律神経失調症ではぐっすり眠れない、疲れやすいなど症状が具体的な器官に出るというよりは不安定な発症の仕方をします。心身症の原因はストレスです。人間には誰でもストレスがありますが、それが強くなると血圧が上がったり免疫力が低下するので身体のあちこちに症状が出るのです。誰にでもストレスはあるので、それが原因でメンタルな病気になったといっても、一般的には受け入れらないことも少なくありません。そういった周囲の無理解が症状をさらに悪化させることもあります。心身症の症状として腹痛があります。痛みがひどい場合は病院で血液検査や画像診断検査などを行いますが、その結果に特に異常がない場合はストレスが原因とみなされて薬を処方されます。それでも症状が改善されない場合は心身症と診断されるのです。治療法としては抗不安薬の服用や、生活指導、リラクゼーション療法などで心身のバランスを整えます。

セルフチェックの必要性

ノイローゼなのか自律神経失調症なのか鬱病なのか、自分では判断できないほど心の病は多岐にわたっています。そのような時は病気の発症の具体例を知っておくと心身症かどうかが判断できるでしょう。例えば頭の病気が発症することがあります。緊張性頭痛や片頭痛です。胃腸の病気も発症します。胃潰瘍、過敏性腸症候群、神経性胃炎、神経性嘔吐症などです。また高血圧や不整脈や狭心症などの心臓や循環器の病気にかかることもあります。これらの病気を発症する時は一般的な神経症ではなく、心身症です。またネット上には診断用のチェックシートがありますから、それでチェックするなどの工夫をすると自己診断ができます。例えば次のようなチェックポイントがあります。最近ストレスになるような出来事があるかどうかです。家族の誰かが急死したとか、離婚したとか失業したなどの環境の変化があると強度のストレスによって発症している確率が高くなります。性格的になりやすい傾向もあります。例えば自分の感情に気づきにくい人、何らかの感情を抱いてもそれをうまく表現できない人などです。このような人は自分にストレスがかかっていても自覚できないことが多く、気づかないうちに心が支えきれなくなって身体的症状が出るのです。自分にこのような性向がある人は普段から注意する必要があります。また心身症は特に発症しやすい年齢というのがあります。男性の場合は30代から40代にかけての発症が多く、女性の場合は20代から30代にかけての発症率が高いのです。これはこの年代が一番ストレスがかかりやすいからで、特に注意が必要です。