心身症はココロの病でもあります|現代人の悩み

心が原因の病気を治す方法

カウンセリング

需要によって、近年増えている心療内科では、主に心身症と呼ばれる病気を治療対象としています。心身症とは心に原因があって身体症状が発生する病気です。内科などで検査を受けながら異常が見つからないケースでも、症状に対する治療は必要です。心療内科では内科同様の治療に加え、独自の心理療法も実施しています。

詳細へ

心の病 原因と対処法

2人の医者

心身症はストレスが起因となって身体に様々な疾病を起こす厄介な病気です。この治療をする場合、根本であるストレスを取り除く必要があり、まずは体の症状を緩和してから、心療内科にてカウンセリングを受ける流れで治療を進めます。

詳細へ

心と体の疾患

微笑む女性

細かい分類があります

心身症は、精神的なストレスの影響で体に様々な不調が現れてくる病気です。心身症に数えられる疾患の中には、現代人が抱える多くの病気が含まれます。例えば働き盛りの世代で増えている過敏性腸症候群やメニエール病などは、心身症の一例です。また、アレルギー性鼻炎や気管支喘息なども心身症として扱われます。心身症は、病気の背景にあるストレスに本人が気づいていないのが一つの特徴です。ですので、時に治らない症状を抱えながら、内科や耳鼻科に長く通院することも起こり得ます。このような心身症とよく似た病気としては、自律神経失調症が挙げられます。自律神経失調症は、交感神経と副交感神経とのバランスが崩れる疾患です。自律神経のバランスが崩れると、めまいや肩こり、腹痛などの症状が現れてきます。心身症と自律神経失調症の症状は非常に似ていることが多いですが、医学的には全く別の分類です。またノイローゼという俗称を得る神経症も、心身症と混同されるケースが見られます。神経症は概して精神症状が顕著なのが特徴で、心身症とは診療科や治療法が異なるのが常です。心身症の場合には、現在心療内科が適した診療科と考えられています。ストレスにも目を配りながら、身体的な症状を中心に診察を行うのが心療内科です。身体症状が大きい心身症の方は、概して内科的な薬でつらい症状を和らげることが必要と言えます。そのような場合に心療内科は、適切な治療を施すことが可能です。自分の疾患について正確に知るためには、やはり専門医の診察を受けることが求められます。

多方面から治療が出来ます

心療内科は、心身の両面から心身症にアプローチをすることが出来ます。内科医が診療を行うため、他の病気の可能性は予め除外されるのが一般的です。心療内科の場合にも、症状を抑える薬を処方する所までは通常の内科とほぼ同様となります。その後、心理療法などを試みていくのがこの診療科です。一般の内科では、ストレスが関係している場合でも内科的な診療に留まります。従って、根本的な解決に繋がらないことが多いです。その点、心療内科では心理療法を行いながらストレスマネジメントを試みます。抗うつ薬が使われることもあり、心の面もケアするのが内科との大きな違いです。心と体を診る心療内科を利用することで、心身症の方は自分の問題点が見えてきます。気づかなかったストレスの存在にも向き合うことが出来るため、現実的な対処が出来るのが一つの利点です。治療を受けることで症状が軽くなるケースも多く、心療内科は現在人気の診療科として評判を高めます。他の治療を受けて中々治らなかった方も、心療的な治療で回復の兆しが見えることもあるのが現実です。心身症は、症状によって生活の質を大きく低下させることがあります。ですので、確実な治療効果が期待出来る診療科は、病気を抱える方にとって貴重な存在です。心療内科医というアドバイザーを得ることで、常に安心感が持てることも大きな意味が生じます。いざという時にも相談出来る医師の存在は、生活を楽にしてくれる一つの材料です。こうしたことから、心療内科は近頃高い人気を誇ります。

ストレスが原因の身体症状

医者と看護師

心身症はストレスが原因です。最近は自律神経失調症や鬱病など心の病が多いですが、心身症の特徴は身体に症状が出ることです。十二指腸潰瘍や片頭痛、腰痛などが発症します。医師の診察を受けるのが一番ですが、セルフチェックもできます。最近ストレスがかかる出来事があったり、環境の変化があった場合は要注意です。

詳細へ